APIの設定オプション

1行の場合は配列にしない

一行のみのシートの場合、APIのレスポンスを配列ではなくオブジェクトで受け取りたいときは、
このオプションを有効にし、再度更新し直してください。

「1行の場合は配列にしない」オプション

オプションがOFFの場合は配列ですが、

[
  {
    "id": 1,
    "name": "Alice",
    "age": 20,
    "favorites": ["cake", "sushi"]
  }
]

オプションをONにすると、オブジェクトの形式になります。

{
  "id": 1,
  "name": "Alice",
  "age": 20,
  "favorites": ["cake", "sushi"]
}

オプションがONの場合でも、2行以上ある場合は配列になります。

ドット(.)区切りのフィールドをネストに変換

APIのレスポンスをネストさせたいときは、
このオプションを有効にし、再度更新し直してください。

「ドット(.)区切りのフィールドをネストに変換」オプション

オプションをONにすると、ドット(.)区切りのフィールドがネストしたオブジェクトに変換されます。
この例では、user.nameuser.ageがオブジェクトに変換しています。

オプションがOFFの場合。

[
  {
    "id": 1,
    "user.name": "Alice",
    "user.age": 20,
    "favorites": ["cake", "sushi"]
  },
  {
    "id": 2,
    "user.name": "Bob",
    "user.age": 300,
    "favorites": ["coffee"]
  }
]

オプションがONの場合。

[
  {
    "id": 1,
    "user": {
      "name": "Alice",
      "age": 20
    },
    "favorites": ["cake", "sushi"]
  },
  {
    "id": 2,
    "user": {
      "name": "Bob",
      "age": 300
    },
    "favorites": ["coffee"]
  }
]

自動更新

スプレッドシートが更新された時に、APIを自動で更新したいときは、 このオプションをONにしてください。

自動更新オプションでは、Google APIを利用して変更を通知を受け取っています。 そのため、以下の制約がございます。

  1. 変更されてから通知されるまで数分かかる場合があります。
  2. ファイル単位の通知ため、更新していないシートのAPIが更新される場合があります。

行数をIDとして追加

このオプションをONにすると、
idフィールドが追加され、行数が設定されます。

Googleフォームのように自動で追記されるようなスプレッドシートなど、
A列に追加しにくい場合、このオプションを利用すると行数をIDとして扱うことができます。

オプションがOFFの場合。

[
  {
    "user": "Alice"
  },
  {
    "user": "Bob"
  }
]

オプションがONの場合。

[
  {
    "id": 1,
    "user": "Alice"
  },
  {
    "id": 2,
    "user": "Bob"
  }
]