スプレッドシートの書き方

基本の書き方

スプレッドシートからJSONへの基本的な変換は、以下の形です。

  1. 1行目をフィールドとして利用
  2. 1行ごとにオブジェクトへ変換

このスプレッドシートの場合、

基本的な書き方(スプレッドシート)

以下のようなJSONを返すAPIを作成します。

基本的な書き方(JSON)

この例のfavoritesのように、同じフィールド名を持つ列が複数ある場合は、
配列形式に変換します。

よくある失敗例

うまく変換されない場合は、以下の点をご確認ください。

  • 1行目や1列目が空ではないか?
  • 途中に空行/空列がないか?
  • 共有は正しく設定されているか?
  • スプレッドシートのURLが正しく設定されているか?

サンプルのスプレッドシートもご用意しております。
共有権限も設定済みなので、こちらも合わせてご確認ください。

スプレッドシート例(都道府県一覧)

変換範囲

JSON形式へは、以下の範囲で変換します。

  • 1行目から空セルまで
  • 1列目から空セルまで

空欄セル以降は、APIの結果に反映されないため、
メモ欄や追加予定の行として利用できます。

なお、プランごとの最大行数を超えるシートの場合、
ヘッダ行を除く、最大行数までのJSONに変換します。
(Freeプランであれば、51行までが対象)

変換範囲(スプレッドシート)
変換範囲(JSON)

スプレッドシート内の関数

スプレッドシート内で関数を利用している場合、
APIは関数の結果の値を返します。

関数の扱い(スプレッドシート)
関数の扱い(JSON)

また、GOOGLETRANSLATE()関数を利用することで、
多言語翻訳した結果をAPI化することもできます。

関数の扱い2(スプレッドシート)
関数の扱い2(JSON)